食事と自律神経

気分が晴れない、原因はわからないけどイライラする、何もする気になれないなど感じたことはありませんか?もしかするとそれは自律神経の乱れからきているかもしれません。そして自律神経の乱れには様々な要因があります。
そのうちの一つとして食事も関わっています。
まずは、自律神経のことを理解し、そこから食事の面から自律神経を整えるアプローチをお伝えしていきたいと思います。

《自律神経》

情報を伝える神経は大きく分けて 2 つあります。
脳から脊髄へとつながる「中枢神経」とそこから全身の隅々までのびている「末梢神経」です。そしてこの「末梢神経」は「体性神経」と「自立神経」に分かれています。体性神経には感覚を伝える「知覚神経」と手足などを動かす「運動神経」があります。そしてもうひとつの「自律神経」の方は内臓の働きや血液の流れなど生命を維持するための機能を担っています。この自律神経は自分の意志でコントロールすることができません。例えば心臓を動かして血液を全身に送る、食べ物を消化し栄養素を吸収する、暑いときに汗をかき体温調節をするなど、これらすべて自律神経の働きによって抑制されているものです。つまり自律神経は 24 時間休みなく働いています。

自律神経が整っていれば体調も整ってきます。
栄養や酸素の不足により脳細胞が衰えると記憶力や判断力が低下し、さらに内臓、各器官の働きも鈍くなると言われています。胃や腸の機能が衰えれば消化がうまくできずに栄養素の吸収が悪くなり、下痢や便秘などにも繋がっていきます。こうした不調にならないためには、脳細胞のエネルギーになる栄養と酸素をきちんと細胞に届けることです。この届ける役割をしているのが血液です。そしてこの血液の流れを司っているのは自律神経です。つまり自律神経を整えることで血液の流れがよくなり、細胞の機能が活性化され心身ともに健康でいられるのです。

 

《交感神経と副交感神経》

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられます。この 2 つの神経聞いたことがあるひとも多いと思います。交感神経が優位になると血管が収縮し心拍数増加、血圧上昇など心身ともに興奮状態となります。副交感神経が優位になると血管がゆるみ心拍数減少、血圧低下、消化管運動の亢進などリラックスした状態になります。通常人は、日中に交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になります。しかし現代人の多くは自律神経が乱れがちです。どちらの方が優位になると良い、というわけではなく両方がバランスよく適切に保たれることが大切です。

交感神経を高めるには運動や人との会話など、副交感神経を高めるにはお風呂
に浸かったり、深呼吸、笑顔をつくったり、食事で腸を整えることです。
ストレスを感じると交感神経が過剰に優位になってしまい、副交感神経の働きが悪くなり様々な体調不良に繋がります。みなさんの日常を振り返ってみると交感神経が優位になるような日常生活ではありませんか?逆に副交感神経が優位になりすぎると意欲が上がらず無気力や疲労感を招きやすくなってしまいます。一日を通して必ずどちらかが優位になっていると言われています。大切なのはトータルバランスです。一日を振り返ってみて、あ~今日は忙しくてストレスを感じたなと思ったらお風呂にゆっくり浸かるなどして2つの神経のバランスをとってあげましょう。

 

次回は自律神経と腸内環境の繋がり、食事のアプローチ方法などについてお話していこうと思います。